2023/12/27

ビジネス成長に不可欠な「DX」推進ガイド

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、中小企業にとっても避けては通れない道です。しかし、DXは一夜にして達成されるものではありません。この記事では、DXを成功させるための段階的なプロセスを紹介し、デジタル化を始めるにあたって取り組むべき4つのステップをご紹介いたします。

1.ビジネスプロセスの理解

DXの推進は、まず現在のビジネスプロセスを深く理解することから始まります。どの業務が時間を取っているのか、どこにボトルネックがあるのかを把握しましょう。例えば、経理部門であれば、請求書の処理や経費の管理が該当するかもしれません。

飲食店のビジネスプロセス例

2.新たな業務フローの設計

次に、これらの業務をどう改善できるか、新たな業務フローを設計します。クラウド会計やその周辺領域のクラウドツールを導入して、それぞれを連携することで、請求書の自動化やリアルタイムでの財務分析が可能になり、経理業務が劇的に効率化されます。

3.デジタルツールやスキルの特定

必要なデジタルツールやスキルを特定します。たとえば、労務管理では「マネーフォワードクラウド勤怠」や「マネーフォワードクラウド給与」「マネーフォワードクラウド年末調整」を導入することで、給与計算や年末調整を自動化できます。

また、Chatworkなどのビジネスチャットツールを活用することで、スピーディにコミュニケーションをとることができ、意思決定のスピードが速くなります。

4.従業員のトレーニングと新システムへの移行

従業員のトレーニングはDXの成功に不可欠です。新しいツールを使いこなせるようになるまで、外部のコンサルタントなどを入れるなどしてしっかりと社内向けのサポートを行いましょう。また、新システムへの移行計画も重要です。段階的に移行を進め、業務に支障が出ないように計画を立てます。

まとめ

DXは、自社を次のフェーズへ進めるための投資です。この記事で紹介した段階的なアプローチを通じて、中小企業でもデジタルの力を最大限に活用し、未来への道を切り開くことができます。始めるのに遅すぎることはありません。今日からでも小さな一歩を踏み出し、デジタル化のメリットを実感してみてください。

記事一覧へ

類似する記事

ABOUT US

経営に強い総合会計事務所
アーリークロス。

税理士法人アーリークロスは、創業からIPO、事業継承、相続までワンストップで対応可能な総合型事務所です。平均年齢35歳の130名を超える税理士、公認会計士、社会保険労務士のスタッフがそのお悩みを親身に解決します。敷居は低いが、クオリティは高いオトクな税理士事務所です。

総合会計事務所
アーリークロスHP

今なぜ、業務改善が必要?
バックオフィス業務の課題とは?

経理・総務・人事の業務改善までの流れはこちら

お電話でのお申込みは

092-406-5004

受付時間 9時~18時(平日)
担当:事業推進部 花城(はなしろ)

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ

24時間受付対応

参加受付中のセミナー